上棟式のご祝儀について

地鎮祭の相場について

費用の金額について

地鎮祭にかかる費用の相場は、主に「地鎮祭の相場」と「神主への初穂料(玉串料)」を合わせた金額が目安となります。

地鎮祭の費用:1万~5万円

地鎮祭では、神饌料(酒や鯛など)、テントなどの設備一式、海の幸、山の幸などのお供え物に費用がかかります。

神主への初穂料:1万~2万円

施主が用意するものについて

一般的に、施主側が準備するお供え物は、

・祭壇に供えるお神酒一升

・洗米と塩、各一合

・海の幸(尾頭付きの魚、こぶ、するめ など)

・山の幸(野菜、果物 など)

になります。

その他、

・神主へのお礼(初穂料)

・工事関係者へのご祝儀

・工事関係者のための飲み物とおつまみ

などを用意してください。

なお、最近は車で移動する職人さんが多く、お酒は必要ない場合もありますので、事前に担当者などに様子を確かめておきましょう。

新札のマナーについて

慶事に贈る現金はなるべく新札を用意しましょう。

最近は簡単に新札が用意できるので古いお札を贈るより、清潔なものを差し上げる意味で新札を贈るほうをおすすめします。

神主への玉串料(初穂料)について

地鎮祭の際に、神主に初穂料を渡す際の金額の目安です。

神主への初穂料:1万~2万円

☆のし袋の書き方

また、地鎮祭に神主を招いたお礼に初穂料を渡す際の、のし袋の書き方は以下のようになります。

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御神饌料」「初穂料」など

表書き/姓名:上書きよりやや小さめの文字で

地鎮祭ののしの書き方について

☆封筒の書き方

または、下記のような封筒でも大丈夫です。

水引:白一色、または白封筒

のし:なし

表書き/上書き:「御神饌料」「初穂料」など

表書き/姓名:上書きよりやや小さめの文字で

棟梁や職人へのご祝儀について

地鎮祭の際に、棟梁や職人にご祝儀を渡す際の金額の目安です。

棟梁へのご祝儀の目安:1万~1万5千円

職人へのご祝儀の目安:5千円

☆のし袋の書き方

地鎮祭に招いた棟梁や職人などにご祝儀を渡す際の、のし袋の書き方は以下のようになります。

水引:紅白の蝶結び

のし:あり

表書き/上書き:「御祝儀」など

表書き/姓名:上書きよりやや小さめの文字で

「冠婚葬祭 つきあいとお金」より

「冠婚葬祭 暮しのマナー大百科」より

「冠婚葬祭 常識事典」より

達磨の紹介について

商売だるまの紹介

起工式のお祝い品

新社屋の落成記念

新社屋の竣工記念

新社屋の完成記念

事務所や社屋の新築祝い

事務所や社屋の移転祝い

新築祝いだるまの紹介

事務所の開設祝い

新築祝いの贈り物

新居祝いのプレゼント

新居祝いの贈り物

引っ越し祝いのプレゼント

引っ越し祝いの贈り物

犬好きが喜ぶ新築祝い

妊婦への贈り物